店頭並行販売

アルガブランカ ヴィニャル イセハラ2017 750ml

価格: ¥5,940 (税込)
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

◎海外の著名人からも高く評価され、日本ワインの実力を証明した逸品。

「ワイン造りはぶどう作り」という基本に忠実に、風土の個性を反映したワイン造りに取り組んでいます。このワインは小字名の伊勢原の単一畑から収穫された甲州種のみを原料に醸造したワインです。華やかな香りに加え、爽やかな酸味と微妙な甘さがバランス良く、他に無い個性を醸し出しています。

<蔵元からのコメント>
2017年は勝沼醸造の創業からちょうど80周年ということで、国際基準の品質を備えたワイン造りを基に新たなステージに立ちました。

1.酸度と糖度の最適なバランスを見極めた適熟による収穫
より高い糖度を求めた収穫期を決定していたが、弊社の甲州ワインの特性を考慮し酸度と糖度の最適なバランスを適熟と捉え収穫期を決定する。

2.ヴィンテージの特徴を生かしたワイン造りの実践
2017年は、近年に経験したことがない程に朝晩涼しい夏が続いたため糖度が高く尚且つ総酸も高い理想的な収穫を得ることができた。

3.全てのワインの補糖量をalc2%迄に規定
これまで、ワインの総アルコール分を12.5%にするための補糖を行ってきたが、全てのワインをEUワイン基準より厳しいアルコール分2%迄の補糖を限度とすることとした。

4.クリオエクストラクション方法の改良による品質向上
これまで果汁を全て凍らせてから一部解凍させる方法で凝縮した果汁を得ていたが、冷却効率の良いステンレスタンクの導入によりより素早く高品質な果汁を得ることが可能となり飛躍的に品質が向上した。
(アルガブランカピッパ・アルガブランカドース・アルガーノゴッタシデロシオ)

5.様々な搾汁方法の研究
ドイツ製新型搾汁機の導入により、搾汁工程の細分化と様たな搾汁方法に幅広く対応できるようになった。(オープン式、クローズ式、除梗破砕搾汁、除梗搾汁、全房搾汁、搾汁時間、)

6.ブドウの搾汁方法の改良
これまでのワイン造りの常識を変えるには大きな勇気が必要であったが、よりぶどうに優しい搾汁方法に改良することに成功した。

7.アルコール発酵酵母の使い分け
弊社には、酵母の選択によりワインのキャラクターを決めるワイン造りに魅力はないという考え方があったが、近年は培養酵母を使わないことも多くなり、使うなら適した酵母を選択することが重要と考えるようになった。
イセハラはこれまで通りニュートラルな酵母を使うが、ボシケは香りとシャープさが引き立っ酵母を用いた。

8.赤ワイン仕込み方法の抜本的な改革
2015年より、酵素、酵母、亜硫酸、砂糖を加えないワイン造りに変更してきたが、よりストラクチャーの複雑さが求められた。選りすぐられたテロワールのぶどうを使い様々な原酒ができるように工夫した。新樽は使わず、2~5年の古樽にて貯蔵し、瓶詰め時に酸化防止剤(亜硫酸)を極少量添加する。

このように、弊社は今後も世界ぶどう・ワイン機構(OIV)に登録された日本固有のワイン用品種である「甲州」と「マスカット・ベーリーA」によるワイン造りに特化し、日本ワインのトップブランドとしての品格を備えたワイン造りを更に進めていくため、これからも弛まぬ挑戦と変革を重ねていく所存でございます。

  • 収穫年 : 2017
  • 色 : 白
  • ぶどう品種 : 甲州100%
  • 原料栽培 : 山梨県笛吹市
  • 内容量 : 750ml
  • タイプ : 辛口
  • アルコール分 : 12.5%
  • 限定本数 : 6,000本
  • 栽培者 : 風間正文

商品カテゴリ


店長日記

蔵元直接取引きの地酒(日本酒)・本格焼酎・国産ワイン・国産ウイスキー・国産リキュールの販売を行っております。
店長日記はこちら >>

カレンダー
  • 今日
  • webサイト休業
  • 休業

日曜日の受注は翌日発送。
【店舗の営業時間】
月~土曜日 10:00~20:00
日曜日   10:00~19:00
(GW、お盆、年始は休業します)

ページトップへ